当店には様々な趣味をお持ちのお客様が訪れます。

お客様の中には、度付きアイウェアが無ければ、趣味を楽しむ事が出来ないと言われ、使用用途に合わせた専用のアイウェアを製作したいとご相談を受けます。

趣味を理解してくれて、アドバイスをくれる専門店というのは、まだまだ日本には少ないのです。

様々な趣味の中でも、シューティンググラスを必要とするお客様のアイウェアは特殊です。

目と顔の安全を守るために、耐衝撃性の優れたフレームとレンズの使用が不可欠です。

特に度付きレンズは重要で、割れない素材の防弾レンズを使用します。

ポリカーボネートに代表されるような粘りのある柔らかいレンズ素材を使用します。

よく硬いレンズの方が割れないのでは?と聞かれますが、言葉のイメージと違い、柔らかい素材のレンズほど衝撃吸収性に優れ、ガラスレンズの様に硬いレンズほど、割れやすいのです。

選ぶフレームやレンズカラーに合わせて、お客様の視力データと目の位置を元に、オーダーメイドでレンズは製作されます。

特殊なレンズであるため、度数の強さや目の位置によっては、お選び頂いたフレームでは製作出来ない場合もあるのです。

強度数のお客様でも、シューティンググラスとしての安全性はもちろん、見え方やデザインを損なう事なく製作できるモデルをご紹介します。

●WileyX 「ENZO RIM
image
image
image


顔との隙間を埋めるガスケット(アイカップ)と、頭の後ろを固定するストラップが付属するモデル。

セーフティーグラスとして使用十分な耐衝撃規格 ANSI Z87.1 認証済み。

そして、強度数でも製作が可能な理由が「リムガスケット」と呼ばれる度付きレンズ専用のパーツになります。
image
リムガスケットに装着するレンズのカーブは、強度数のレンズの様にフラットな形状のレンズの場合でも、装着が可能なのです。

レンズの厚みは、リムガスケットの内側に隠れますので、仕上がりも綺麗です。
image
image
リムガスケットが顔から前に離れる為、他のモデルと比べて視野が若干狭くなってしまいますが、視野が広くなれば収差も大きくなり、歪みを感じやすくなる為、視野が狭くなる事もメリットとして働きます。

実際に完成した商品の見え方をご確認頂いて、お客様にもご満足頂けました。

強度数の方の場合、その場ですぐに製作可能か判断できない場合がございますが、出来る限りご要望に応えられるよう努力致します。

趣味をより快適に楽しむ事のできるアイウェアを、当店で是非お手伝いさせて頂ければと思います。


オードビー大阪 難波






久しぶりに、スポーツアイウェアブランド「ルディプロジェクト」から、跳ね上げ式サングラスが発売されました!

image

跳ね上げ式サングラスとは、フリップアップサングラスとも言われており、眼鏡の表側に跳ね上げ機能を持ったのサングラスが取り付けられたものになります。

メリットとして、サングラスとして使用している際に、急に暗い状況になっても、レンズを上に跳ね上げるだけで解決します。

使用用途に合わせた種類の違うレンズをいくつか用意し、簡単に交換して使用できます。

サングラスが必要のない時は外して、普段の眼鏡として使用できます。

反対にデメリットとして、2重構造のため重くなったり、デザインが仰々しくなります。

そして、製造するメーカーさんや種類が少ないため、自分に合うデザインを探すのに苦労する点です。

当店では、スポーツに特化した商品構成になるため、特に数が少なくなります。

今回発売された商品も、スポーツに対応したタイプですが、顔を覆うようにハイカーブ設計ではなく、ドライブやゴルフなどの、あまり風の影響を受けないスポーツに適しております。

それでも、視力矯正の必用な方にとって、とても便利な機能を持ち合わせている商品ですので、跳ね上げ式サングラスを探されていた方には、選択肢の1つになると思います。

では、新しく発売されたルディプロジェクト「INKAS FLIP-UP(インカス フリップアップ)」を簡単にご紹介します!
image
image

●フリップと本体のドッキング
フレーム本体の上部に四角い穴が開いており、そこへフリップアップパーツを差し込むのみで、超簡単です。
若干、心許ない感じはありますが、フリップ側に丸いポッチが付いていて、そのポッチがフレーム本体側の丸い穴に収まる仕組み
image
image
image

●ハーフリムとフルリムの2種類の度付きクリップ対応
度付きレンズは独立したクリップ式となっており、ハーフリムとフルリムと選べ、付け替えて使用する事も可能です。
後から度付きクリップを増やしていけるので、遠く用、近く用、遠近両用などの、度数や設計の違うレンズを、1つのフレームで使い分けられます。
image
image
image

●可動式のノーズパッドとイヤーゴム
スポーツでの使用に適した滑り難いゴムを採用しており、顔の形に合わせて細かい調整が可能です。
消耗品パーツとして別売りもされており、メンテナンスも可能です。
image
image

ブランドHPでも、詳細やカラーラインナップがご覧頂けます。
http://www.rudyproject-japan.com/sunglasses/inkasflipup.html

店頭で展示しておりますので、実際にお手に取ってお試し下さい。


オードビー大阪 難波










メガネレンズの紫外線カットはもはや当たり前で、レンズの素材自体に紫外線カット機能を練り込んである為、半永久的にその効果が失われる事はありません!

紫外線カット以外に、液晶画面などから出る青色光をカットするブルーカットレンズも、今ではメガネレンズの定番となりました。

その他に、人が一番眩しく感じる黄色の波長をカットするレンズ(ネオコントラストsight585)も、以前ブログでご紹介させて頂きました。

そして最新のメガネレンズでは、「近赤外線(IR)カットレンズ」というものがあるので、ご紹介したいと思います。

日常ではあまり耳にしない近赤外線(IR)ですが、男性よりも女性の方には馴染みがあるようです。

女性が紫外線対策として、お化粧の下地や、肌に塗る日焼け止めクリームがあります。

日焼け止めクリームのパッケージには、「SPF30」や「PA+++」などの表記がありますよね?

すでに、ご存知の方も多いと思いますが、紫外線B波を防ぐ指標をSPFで表し、紫外線A波を防ぐ指標をPAで表わします。

「SPF50+」「PA++++」が、紫外線防止効果が最も高くなります。

そして最新の日焼け止めクリームには、SPFやPAの他に「IR+」と表記されているものがあるのです!

近赤外線(IR)は、紫外線A波やB波よりも波長が長く、肌の奥深くまで到達することで、肌のたるみ(シワ)の原因となる事がわかったのです。

image
image
image


女性のエイジングケアとして、紫外線と近赤外線をセットで防ぐことが、将来的に健康な肌を手に入れる事に繋がるのです。

日焼け止めクリームは肌に塗れても、目に塗る事はできません!

ですが、メガネやサングラスを掛ける事で、簡単にエイジングケアができるのです。

最新のメガネレンズには、紫外線カットの他、近赤外線カットを施したものがあり、ブルーカット機能もセットにしているメーカーさんが多いようです。


●東海光学「エターナルスキンコート

●セイコーオプティカル「美ケアコートUVP

●伊藤光学「IRブルーカットコート

●イトーレンズ「IR-SKYⅡコート


今回の女性のお客様にご提案させて頂いたレンズは、東海光学のエターナルスキンコート。

さらに、目の健康を守る目的としてルティーナと組み合わせて製作しました。

image
image
image
お仕事でも掛けられる様に、まずはカラーを入れず透明で製作しました。

問診の中で、もともと紫外線アレルギーをお持ちで、目の疲れからくる頭痛に悩まされているようです。

最新のレンズで、今後の経過を見ながら、度数や、機能、カラーを試しながら、少しでも症状が緩和できるようにお手伝いできればと思います。

スポーツ以外に、日常生活で活躍する機能的レンズも、いろいろと取り揃えております。

サングラス以外の日常のメガネも、お気軽にご相談下さいませ。

※最後に、青色、黄色、赤色の波長がすべて悪いものではなく、どれもが人体に必要な光線であり、近赤外線も、使い方によっては医学的にプラスに働く光線です。


オードビー大阪  難波

↑このページのトップヘ