カテゴリ: サングラスレンズ

サングラス専門店として、お客様のご使用用途に合わせて、レンズカラーのご提案をさせて頂いているのですが、色味や濃度、コーティングなどいくつもの種類がございます。

その中でも、レンズはどのようにして色を付けているのか、レンズの染色方法についてご紹介したいと思います。
FullSizeRender
まず一般的な染色方法として、温めた染色液にレンズを浸すことで色を付けるディップ方式があります。

ディップ方式は、熟練の技術を持つ職人さんの手によって行われています

この方法では、色の出方が不安定であったり、仕上がりの細かい微調整が必要であったり、廃液の処理問題であったりと、いくつかの課題があります。

また、度付きレンズの場合、レンズの薄い所と厚い所とでは、濃さにムラが出来てしまいます。

そうした課題から生まれた新しい染色技術があります。

真空蒸着機の中で、染色インクの付いた転写紙を、レンズへ蒸着させる転写染色方式です。

染色液に浸けるディップ方式と比べ、複数色での染色が可能であったり、色や濃さにムラが出なかったりします。

また、熟練の職人さんによる微調整の必要がなくなり、自動化による生産性の向上や、廃液処理による環境問題や処理費用のコストダウンにも繋がります。

スポーツグラスに用いられるポリカーボネイトなどの耐衝撃レンズは、もともとディップ方式では染まり難いため、転写染色が採用されています。

転写染色技術は、メガネレンズ以外の他のプラスチック製品に採用されているようで、塗装よりも剥がれや退色が少ないとされています。

あるレンズメーカーさんへ問い合わせたところ、最近では転写染色が一般的になってきているようです。

転写染色の良さばかり目立ちますが、職人さんの技術に頼らないと染色できない色もあります。

例えば、お客様が愛用されているサングラスを、全く同じカラーで度付きにしたい場合、元のレンズを見本色として工場へ送り、職人さんが染色サンプルのない状態から、1から計算して染色する場合です。

職人さんによる経験と知識で、赤、青、黄(染色のベースとなる色)の3色をうまく組み合わせながら、見本色と同じレンズカラーに仕上げていくオーダーメイドカラーなのです!

当店でも、テニス専用カラー(OZ-2)や、スキー専用カラー(OZ-16)といったオリジナルレンズカラーは、職人さんの技術をお借りしないと完成しないレンズカラーなのです。

新しい技術も素晴らしいですが、顧客満足の為には、職人さんの技術の継承も大切で、今後の課題となりそうですね。

オードビー大阪 難波

当店のお客様より、スキーでのサングラス使用感をご報告頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

日付:2021年2月20日(土)21日(日)
場所:志賀高原スキー場
天候:2日間ともに快晴

レンズその① OZ-16 SILVER MIRROR
雪面のギャップ確認を容易に行えるように波長をコントロールしたハイコントラストレンズ。
透過率25%のピンク色をしたレンズで、快晴時の無彩色なフィールドで性能を発揮します。
IMG_6863
IMG_6862
《お客様談》
掛けてすぐはえらいピンク色だなぁと思いましたが、終日掛けていても目が疲れる事がありませんでした。
ブッシュの凸凹がはっきりと出て滑り易く、レンズ表面のミラーコーティングのおかげで、外から目が透けないので、個人的にはかなり気に入りました。

追記 : ハイコントラストの中でも強い方の分類に入りますが、雪山のような無彩色なフィールドにはハマります!
※見え方、感じ方には個人差はあります。


レンズその② Julbo Zebra NXT 2⇔4
紫外線に反応して色の変わる調光レンズ。
透過率35%~7%と、最大でカテゴリー4と呼ばれる透過率8%以下まで濃く変わる高所登山用レンズ。
ブラウン系カラーで、コントラス性能も高い。
IMG_6861
IMG_6860
《お客様談》
室内と外では明らかにレンズの色が変わりますね。
掛けた感じもOZ-16ほど違和感がなく、景色がそのまま見える感じが気に入りました。
ピンク色のレンズが苦手なら、こちらが雪山でも一押しですね。
ブッシュについても確実に見やすかったです。

追記 : スキー板の文字がクッキリ見えますが、偏光レンズではありません。
理由はわかりませんが、コントラストが向上し赤が鮮やかに見えますね。


2日間ともに快晴で、サングラスを外すと、目が開けられないほど眩しかったそうです。
眩しいからだけではなく、スキー場のような標高の高い山岳地帯でのアクティビティでは、紫外線から目を守る為にサングラス着用は必然です!
また、安全に快適に楽しむために、視力のサポートをしてくれる機能的レンズがおすすめです。

雪質や雪面のギャップ、ブッシュやマーキングなどの情報を、素早くキャッチできるようなコントラスト性能の高いレンズカラーがおすすめ!
あわせてフレーム形状も、顔を覆うようにカーブしているタイプや、風防デザインを取り入れたタイプがおすすめです。

●OGK kabuto  NB02(その①)
FullSizeRender
FullSizeRender
●Julbo  Makalu(その②)
FullSizeRender
FullSizeRender

三寒四温の天候が続き、雪山の状況も変わり易いので、くれぐれも安全にスポーツやレジャーを楽しんで下さいね~。

オードビー大阪 難波



メガネレンズの紫外線カットはもはや当たり前で、レンズの素材自体に紫外線カット機能を練り込んである為、半永久的にその効果が失われる事はありません!

紫外線カット以外に、液晶画面などから出る青色光をカットするブルーカットレンズも、今ではメガネレンズの定番となりました。

その他に、人が一番眩しく感じる黄色の波長をカットするレンズ(ネオコントラストsight585)も、以前ブログでご紹介させて頂きました。

そして最新のメガネレンズでは、「近赤外線(IR)カットレンズ」というものがあるので、ご紹介したいと思います。

日常ではあまり耳にしない近赤外線(IR)ですが、男性よりも女性の方には馴染みがあるようです。

女性が紫外線対策として、お化粧の下地や、肌に塗る日焼け止めクリームがあります。

日焼け止めクリームのパッケージには、「SPF30」や「PA+++」などの表記がありますよね?

すでに、ご存知の方も多いと思いますが、紫外線B波を防ぐ指標をSPFで表し、紫外線A波を防ぐ指標をPAで表わします。

「SPF50+」「PA++++」が、紫外線防止効果が最も高くなります。

そして最新の日焼け止めクリームには、SPFやPAの他に「IR+」と表記されているものがあるのです!

近赤外線(IR)は、紫外線A波やB波よりも波長が長く、肌の奥深くまで到達することで、肌のたるみ(シワ)の原因となる事がわかったのです。

image
image
image


女性のエイジングケアとして、紫外線と近赤外線をセットで防ぐことが、将来的に健康な肌を手に入れる事に繋がるのです。

日焼け止めクリームは肌に塗れても、目に塗る事はできません!

ですが、メガネやサングラスを掛ける事で、簡単にエイジングケアができるのです。

最新のメガネレンズには、紫外線カットの他、近赤外線カットを施したものがあり、ブルーカット機能もセットにしているメーカーさんが多いようです。


●東海光学「エターナルスキンコート

●セイコーオプティカル「美ケアコートUVP

●伊藤光学「IRブルーカットコート

●イトーレンズ「IR-SKYⅡコート


今回の女性のお客様にご提案させて頂いたレンズは、東海光学のエターナルスキンコート。

さらに、目の健康を守る目的としてルティーナと組み合わせて製作しました。

image
image
image
お仕事でも掛けられる様に、まずはカラーを入れず透明で製作しました。

問診の中で、もともと紫外線アレルギーをお持ちで、目の疲れからくる頭痛に悩まされているようです。

最新のレンズで、今後の経過を見ながら、度数や、機能、カラーを試しながら、少しでも症状が緩和できるようにお手伝いできればと思います。

スポーツ以外に、日常生活で活躍する機能的レンズも、いろいろと取り揃えております。

サングラス以外の日常のメガネも、お気軽にご相談下さいませ。

※最後に、青色、黄色、赤色の波長がすべて悪いものではなく、どれもが人体に必要な光線であり、近赤外線も、使い方によっては医学的にプラスに働く光線です。


オードビー大阪  難波

スポーツグラスに最適な「NXT」というレンズ素材ですが、どんなカラーでもご用意があるわけではありません。

決まったカラーしかない理由は、透明のレンズを好みのカラーに染色するのではなく、透明のレンズの表側に、厚さ0.9mmの色を練り込んだものを貼り付けて製作するからです。

IMG_2163

この製作方法の良いところは、度数の差やレンズの厚みによって、色ムラや色抜けを起こさない事です。

また、調光レンズの場合においても、表面コートではないので、ミラー加工をしても調光しないといったトラブルもなく、ミラー加工をしてもしっかり調光してくれます!

では、ICRX NXTの調光レンズをご紹介します。


①まず始めに、幅を広い用途に使用できる「スカイクリア」「デイナイト」で、オードビーのお客様にも一番よく使われています。
全くの透明からスタートではありませんが、夜間でも使用可能な透過率となっています。
デイナイトには、HCD(ハイコントラスト技術)が採用されています。

FullSizeRender


②次に、可視光線調光(紫外線以外に光にも反応して色が変わる)の、「エクストラアクティブ・グレー」「エクストラアクティブ・ブラウン」

FullSizeRender

ほぼ透明からスタートします。
色の変わり方の選択肢も、グレーの他にブラウンが選べます。
調光レンズは、気温が高いと色が変わり難いのですが、夏場の気温が高い時でも、可視光線でも調光する為、色が変わりやすいです。
車の中でも調光するため、ドライブにもおすすめです。


③最初に50%ほど色のついた状態から調光する「392/45グレー調光」「B1/40ブラウン調光」

FullSizeRender

夜間使用しない方に限定されますが、日差し避け効果が高く、なおかつ曇天でも使用できる。
目元を隠したい方や、ミラー加工をしたい方も、この濃さからスタートする調光レンズがおすすめ。


④コントラスト重視の調光レンズ「コパー調光」「PLUS3S GREEN可視光調光」

FullSizeRender

こちらも夜間使用しない方に限定にされます。
HCD採用のコントラストを高め、パフォーマンス向上させるレンズ。
晴天時のGOLFやSKIなどにおすすめ。


⑤偏光調光グレーの「S392/35」や「ドライブウェア」もラインナップにありますが、調光機能、偏光機能をそれぞれ分けて考えた方がおすすめなので説明を省略します。

①〜⑤のレンズに、オプションでミラー加工が出来ます。
ミラーの種類は、シルバー、ゴールド、ブルー、レッド、ピンクゴールドになります。
シルバー、ゴールド、ブルーの3色は、ミラーの具合が薄いフラッシュミラーも選べます。
*ミラー加工は注意点があります。店頭でご相談頂くか、以前ブログで紹介した「カッコいいミラーレンズの見え方は?」を、ご参考下さい。

度付きで製作を希望される方には、単色のレンズですと、幅広い用途や時間帯で使用するのは難しいです。
状況に応じて掛け替えする事なく、常に掛け続けられる調光レンズを、スポーツグラスを最初の1本目に選ぶ際におすすめします!

以上、ICRX NXTの調光レンズの個性豊かなラインナップでした。


オードビー大阪 難波

NXTレンズ販売元
株式会社アイシージャパン

オードビー 大阪


IMG_2156


NXT
レンズの素材の名称ですが、ほとんどの方が耳にした事のないレンズだと思います。

スポーツグラスで使用されるレンズとして一般的なのが「ポリカーボネート」と言う素材で、機動隊員が持つ盾に使用されているほど強靭な素材です。
最近ではスマホの保護ケースでもよく見られます。

スポーツグラスにおいて、見る部分であるレンズは特に重要で、レンズに求められる性能としては以下となります。

①何か物が飛んで来てレンズが割れるの防ぐ。
②スポーツグラスのような湾曲が強い形状でも光学性能がしっかりしていて歪みがない。
③軽量である。
④表面のコーティングが強い

ポリカーボネートでも、全ての要素を高い水準でクリアしてるのですが、さらに上をいくのがNXTなのです!

NXTですが、米陸軍による超軽量プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材です。

強い衝撃でも割れたり、ひび割れせず、長く負荷をかけ続けても歪みが生じ難いことが、色々なテストにより証明されています。

さらに、アルコールやアセトンなどの薬品に強い事も証明されています。

IMG_2158

IMG_2157


これ以上ないレンズ素材なのですが、未だスポーツグラスのレンズとして浸透しない理由が、ポリカーボネートのように大量生産できない事と、生産コストが高い事です。

店頭に売られているスポーツグラスを見ても、NXTを採用したメーカーは少なく(ルディープロジェクト、ゼロアールエイチプラス、OGKカブトぐらい)、採用している商品があっても他より金額が高く設定されてたりします。

ただ、度付きで製作する場合は、最初から完全オーダーメイド品となりますので、ポリカーボネートや他の割れ難い素材に比べても値段の差は少なく、むしろ完全に眼を守れるアドバンテージを考えるなら、絶対に選ぶべき素材と言えます!

また、NXT独自のテクノロジーも注目で、「HCD」という技術も素晴らしいものです。

FullSizeRender

FullSizeRender


調光レンズのバリエーションが、他のメーカーよりも多く、ご使用用途に合わせて細かく選べるのも魅力です。

次回、NXTの調光レンズのバリエーションについて、ご案内します!

オードビー大阪 難波

NXTレンズ販売元
株式会社アイシージャパン

オードビー 大阪



↑このページのトップヘ