カテゴリ: ICRX NXT

前回のブログでご紹介した、米軍制式採用のアイウェア「ESS」というブランド。

今回は、ESSの一眼レンズモデル「CROSSBLADE NARO」の、度付き製作例をご紹介したいと思います。

以前では不可能だった一眼レンズ(1枚につながったレンズ)の度付き製作ですが、現在は度数やレンズの種類によって、製作が可能となりました。

製作するにあたり、①割れない防弾レンズを使用する事と、②通常のレンズよりも直径の大きいものを使用する事が条件となります。

<①を使用する理由>

一般的には聞きなれない「防弾レンズ」ですが、実際には「ICRX NXT」「HOYA PHOENIX」「ポリカーボネート」「MAX TREMER」などのレンズがそれに該当します。

耐衝撃性に優れ、弾丸も通すことの無い割れない素材であることから、スポーツグラスや、セーフティグラスのような、特殊な形状のレンズでも、加工中に破損したりしません。

また、お客様がご使用中に、フレームやレンズに負荷が掛かったとしても、レンズが割れる心配がありません。

<②を使用する理由>

どんなメガネやサングラスでも、度付きで製作する場合、右目と左目の度数を分けなくてはなりません。

また、目の位置も人それぞれ違います。

一眼レンズを度付きで製作する場合、1枚につながったレンズを2つに分ける必要があります。

ちょうどレンズの真ん中で半分に分割し、左右それぞれの度数や目の位置のレンズを製作したら、最後に左右のレンズを真ん中でピタッと合わせます。

一般的なメガネやサングラスであれば、左右のレンズの間にフレームの枠(ブリッジ)が存在しますが、左右のレンズを合わせる一眼レンズの場合は、その部分にもレンズが必要となるので、通常よりも直径の大きなレンズが必要となるわけです。


今回ご紹介するのは、「ICRX NXT」のクリアレンズで製作したものです。

度数は、右<S-4.25>左<S-5.25>という数値で、一眼ダイレクト度付きで製作できるギリギリの度数です。

FullSizeRender
FullSizeRender

センター部分に縦に線が入ります
FullSizeRender

視野の広さは抜群!!
FullSizeRender


防弾レンズは薄型加工がない為、レンズに厚みがでてしまいます
FullSizeRender

<ノーズ側>複雑で繊細なレンズカットも、防弾レンズだからこそ可能
FullSizeRender

<耳側>薄くスライス加工して、フレームの溝に装着します
FullSizeRender

ノーズパッドが取り付く部分も薄くスライス加工されています
FullSizeRender


最後にノーズを取り付けて完成!!
FullSizeRender
オリジナルパーツで高さを調整したもの(当店ご購入のお客様は無料)
FullSizeRender
度付き製作の場合、まつ毛がレンズに触らない様に、ノーズの高さの調整が重要!!
FullSizeRender

一眼ダイレクト度付き製作の場合、レンズとフレームを接着してお納めする場合がほとんどです。
ご使用中に強い衝撃が加わり、レンズが外れてしまう事もゼロではありません。
より安全にご使用頂く為に、ご契約時にレンズの接着をご了承頂いております。

天候やご使用用途によって、レンズを頻繁に交換されたい方には、一眼ダイレクト度付きでの製作は向いておりません。
紫外線に反応して色が変化する「調光レンズ」であれば、レンズを交換しなくても、どんな状況でもご使用頂けるのでお勧めです!

ご購入前に、実際に体験頂けるよう、店頭にサンプルもご用意しております。
また、すでにフレームをお持ちの方には、レンズのみの製作も承っております。
OAKLEYや、他のブランドの一眼レンズタイプも、度付き対応しているモデルもございます。
まずは、お気軽にご相談下さいませ!


オードビー大阪店 難波











スポーツサングラスでの知名度No.1ブランド「OAKLEY オークリー」。

多くのスポーツ選手が愛用し、皆が憧れるブランドの1つです!

視力の悪いアスリートに対しても、純正の度付きシステムを設けており、耐衝撃性に優れ、独自の度数補正で歪みの少ない度付きレンズを提供しています。

ほとんどのモデルが度付きに対応するのですが、中には対応していないモデルもあり、シールドレンズ(1眼レンズ)タイプの「EV ZERO」がそれにあたります。

度付きで製作する際、左右の度数や、左右の目の位置をそれぞれ分けて製作する必要があります。

OAKLEYの他のシールドレンズモデル「RADAR EV」「JAWBREAKER」などは、度付きに対応しており、1枚レンズの中に2カ所穴を明け、その穴の部分に度付きレンズをはめ込む「アタッチメント方式」が採用されています。

「EV ZERO」の場合も、同じように製作する事も可能ですが、リムレスタイプ(全く縁に囲まれていない仕様)の為、OAKLEYが仕様するレンズ素材「ポリカーボネート」ですと、耐久性に不安があり、採用していないと考えられます。

また、レンズが簡単に交換できるモデルではない事も、理由の1つかと考えられます。

遮るものがない広い視界、そして超軽量のアイウェアとして人気の高い「EV ZERO」。

OAKLEYでも採用していない度付きシステムを、なんとっ!独自に行っているレンズメーカーがあるのです!

当店のブログでもご紹介する事の多い「ICRX NXT」を取り扱うアイシージャパンが、日本で唯一「EV ZERO」の度付き製作を可能にしたメーカーです。

OAKLEYのシールドレンズの純正度付きレンズ同様、「アタッチメント方式」による製作方法です。

製作できるレンズの種類は3種類。

①ICRX NXT DAYNIGHT(薄いイエロー~グレー調光) + 超撥水コーティング ※写真上
②ICRX NXT COPPER(コパー調光) + レッドミラー ※写真中
③ICRX NXT 392/45(調光グレー) + シルバーミラー ※写真下

EV ZERO Attachment 3type-2 16-08-05 (1)

決して種類が多いわけではありませんが、調光機能をプラスした機能性の高いレンズがラインナップされています。

また、ミラーコーティングを施すことで、アッタチメントと度付きレンズとの境目が、目立ち難くなるよう工夫されています。

当店でオーダー頂きましたお客様のご要望が、OAKLEYの「PRIZM ROAD」に似たカラーでしたので、②のレンズで製作しました。

IMG_8607
IMG_8609
FullSizeRender
IMG_8613

NXT」という素材は、耐衝撃性はもちろん、アルコールなどの薬品にも強く、超軽量で、歪の少ない光学性能を持ちます。

よって、リムレスタイプでの製作においても、レンズが割れたり欠けたりする心配がなく、耐久性は十分なのです。
※通常使用において、レンズが割れない保証が3年間。←OAKLEYには無い

また、OAKLEY純正レンズとの見え方の比較でも、歪の少ない光学性能は変わらないレベルです。
※3ヶ月の間に見え方に不満がある場合、無料で度数交換が可能。←OAKLEYも同じ

お客様の中には「アタッチメント方式」が苦手な方や、あえて選択する方も少ないと思います。

ですが、本家のOAKLEYも、他のレンズメーカーも、度付きシステムを見送った「EV ZERO」を、可能としたアイシージャパンの「顧客満足」に対する企業努力には、感謝するばかりです。

後日、ご購入頂きましたお客様より「とても快適に使えてるよ!」と、わざわざご報告を頂き、とても嬉しかったです。

お客様のご要望に応えられる、またはそれ以上のものをご提案できるように、常日頃より考えながら仕事に取り組まなければなりませんね。

精進いたします!

オードビー大阪店  難波








ここ数回にわたり、「ICRX NXT」レンズについてご紹介してきましたが、新たに追加されたカラーとしては最後のレンズとなります。

「ICRX NXT」のレンズはすべて、厳しい品質テストをパスした後に出荷されます。

高水準の品質のレンズは、正常な視覚を妨げず、あらゆる眼疾患から目を保護する目的があります。

目の保護という点では、「ブルーライトによる目の健康への影響」という言葉が、良く耳にするようになりました。

ブルーライトは、人間が生きていく上で必要な光でもあるのですが、極度に吸収してしまうと身体に悪影響を与えてしまいます。


ブルーカット

目への影響で一番危険なのが、「黄斑変性症」という眼疾患です。

黄斑変性症



目に影響を及ぼすブルーライトをカットし、日常生活でも違和感なく掛けられ、裸眼よりも楽でくっきり見えるレンズが、「NXT HCD INFINE」になります。


●NXT HCD INFINE

nxt infine


前回のブログでご紹介した「ICRX NXT」独自の技術である「HCD」が使用されており、従来のブルーカットレンズよりも、コントラスト(視認性)の高いレンズになります。

色味の変化で表現するコントラストとは違うため、長時間の使用でも違和感がなく、他の人から見られた時の印象も自然です。

見た目がサングラスに見えないので、学校や塾に通うお子様にもお勧めでき、部活動でスポーツをされるお子様にも、先輩の目を気にせず使用できます。

濃い色のレンズを必要としない屋内でのスポーツや、光量の少ない場所で行うスポーツにもお勧めです。

なかでもトレイルランニングは、地上よりも標高が高い環境の為、紫外線よりもエネルギーの強いブルーライトを浴びます。

また、トレッキングよりもスピードが出る為、急な状況の変化にも対応しなければならないので、濃い色のレンズは必要とせず、路面状況を判断するのにコントラスト(視認性)の高さが求められます。

突如襲う、尖った木の枝から目を守るために、割れない強靭なレンズでなければなりません。

全ての条件をクリアするため、トレイルランニングに非常に向いたレンズです!

例として、お子様やトレイルランニングをあげましたが、ご使用用途を限定しないで、誰にでも普通に掛けられるレンズなのが魅力です。

紫外線やブルーライトが影響で、眼疾患になる危険は誰にでもあります。

早いうちから予防をする事で、10年後、20年後の目の健康・身体の健康を守る事に繋がります。

普段の生活からスポーツまで、常用できる高性能ブルーカットレンズ「ICRX NXT HCD INFINE」

未来の自分への投資だと思って、ご検討頂けたらと思います。

オードビー大阪 難波






前回のつづきで、「ICRX NXT」の新カラーラインナップについて、ご紹介していきます。

耐衝撃性や光学性能の高さに関しては、前回ご紹介してご理解頂けたかと思います。

その他の特徴として「ICRX NXT」の中でも、「HCD」という技術を採用したものがあります。

●HCD=ハイ・コントラスト・デフィニション

なんだか難しい名前ですよね…。

人間は目から入る情報が脳へと伝わり認識します。

光の3原色は赤・緑・青があり、それぞれの光が交わる部分は、何色の光なのか脳が識別し難くなります。

光の交差する部分を抑制し、それぞれの光の色を脳に識別しやすくする特殊技術が「HCD」なのです。

nxt hcd

今回、新たに加わったレンズには、全て「HCD」が採用されています。

●NXT HCD 396/30

nxt 39530

本来、グレー系レンズの場合、どの波長も均一に通す為、色味の変化が少なく、景色が自然に見えます。

スポーツ以外のご用途であったり、初めてサングラスをされる方や、色味の変化を嫌う方であれば、グレー系レンズはお勧めです。

ですが、変化がないので当然コントラストの効果はありませんし、透過率の低いレンズになれば、悪天候の際に景色が見え難くなります。

グレー系レンズに、「HCD」技術によってコントラスト性能をプラスし、レンズ濃度は濃くも薄くもない絶妙な濃さ(透過率30%)で設定され、視認性と快適性にこだわって生まれたレンズが「NXT HCD 395/30」になります。

ICRXの既存のグレー系レンズには無かったレンズの濃さであり、ミラーコートとも相性が良いので、多くの方にマッチングするレンズだと思います。

度付き製作においては、間違いなく基準となるだろうレンズですね!

グレー系レンズも、ただ自然に見えるだけでは無く、裸眼よりもくっきりと見えるレンズとして生まれ変わる時代になりました。

次回は「NXT HCD INFINE」をご紹介したいと思います。

オードビー大阪 難波



メガネやサングラスに使用されるレンズ素材の中で、耐衝撃性超軽量耐久性歪みのない光学性能を持つ「ICRX NXT」

スポーツグラスやセーフティグラスに使用される事が多く、オーダーメイドで製作される高価なレンズの為、積極的に販売する店舗も少なく、一般的にはあまり知られていないレンズです。

その「ICRX NXT」ですが、使用用途や、使用するフレーム構造によっては、抜群に性能を発揮する為、お客様にとってもメリットが大きいレンズなのです。

9月より新たにカラーラインナップも増え、是非このタイミングで、皆様にご紹介したいと思います。

「ICRX NXT」という素材ですが、米陸軍による超軽量プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材で、簡単に言うと「割れない防弾プラスチックレンズ」です。

FullSizeRender

突如起こりうる危険から、完全に目を守るために、レンズが割れないという事は、第一に考えなければなりません!

どんなスポーツにせよ、視界や視力を失ってしまうと、危険が及んでしまいます。

ICRX NXTには「3年間の割れない保証」が付いており、目の安全を保障する絶対的なレンズなのです。

また、割れないという特性の中には、薬品による耐破損性も備えており、アルコールアセトンといった身近に存在する薬品に対しても強いことが実証されています。

FullSizeRender

「ICRX NXT」は、スポーツ以外でも、建築・工事・工場などの現場、医療研究施設自衛官警察官の職務など、幅広い分野で実績を積んでいるレンズなのです。

では、新たに加わったレンズカラーについてご紹介していきたいと思います。


●NXT HCD PLUS VARIA

nxt plus varia

まず1番にお勧めしたいレンズがこれ!

紫外線や気温に反応して色が変化する「調光レンズ」の中でも、薄いピンク色から濃いピンク色に変化する今までにないレンズ。

調光レンズは、色が元に戻る際に時間(5分~10分)が掛かるため、急な状況の変化に対応し難い事があります。

たとえば、サイクリングの途中でトンネルに進入した際や、登山やトレイルランニングでの稜線から樹林帯に進入した際、ゴルフのプレー中に林に入った際など…。

ピンク色に変わる今回の調光レンズの場合、視認性の向上を助けるコントラスト性能が高いため、急な状況の変化にも暗くならずに掛け続けられます

また、ピンク色は物の輪郭がくっきりする割に、イエローやオレンジと比べて違和感が少なく、長時間の使用でも目に負担が少ないのです。

夜間では、薄いピンク色が視感度を高め、透明レンズよりも見易くなります。

既存の「ICRX NXT PLUS55(ピンク系ハイコントラストレンズ)」では、透過率約50%の固定のピンク色の為、眩しい光を防ぐ効果は期待できないが、新しいレンズ「NXT HCD PLUS VARIA」の場合は、調光機能がプラスされる事により、眩しい状況下でも遮光性が期待できます。

あらゆるスポーツに向き、パフォーマンスを向上させる手助けをしてくれるレンズなのです!

※コントラストの強さや、感じ方には個人差があります。


次回は、新カラーナインナップの「395/30」「INFINE」をご紹介したいと思います。

オードビー大阪 難波


↑このページのトップヘ